1. HOME > 
  2. 私たちの想い > 
  3. ビジョン

私たちの想い(ビジョン)

進化を遂げ続ける、私たちユーゴーのこれまでとこれから

躍進の始まりは、ロードサイド型直営店のオープンから

私たちが、クリーニング専科の1号店をオープンしたのは1993年。当時はまだ売上が1億円強、正社員スタッフは2名で、パートスタッフさんが30名程の規模に過ぎませんでした。

それまでは取次店中心によるクリーニング店の営業形態でしたが、クリーニング専科は、初のロードサイド型直営店。それからはロードサイド店を次々と増やしていくと共に、直接お客様の元へ集配する外交営業にも力を注ぎました。

クリーニング業界の状況を説明いたしますと、1992年、市場規模が8,200億円に達したのをピークに、以降は下がる一方。現在では4,000億円を割る程に勢いを失くしてしまいました。店主の高齢化により廃業するなど、取次店の減少も背景に、クリーニング業界全体が変化を求められる空気感を、私たちはひしひしと感じていました。

運営ノウハウ「パッケージプラント」を開発

私たちの想い、考え、行動が実現していく形で、クリーニング専科の売上は上がっていきました。業界の市場が萎縮する中で、私たちの展開する「チラシによる販売促進」、「仕上がり納期の厳守」、「お客様が利用しやすい駐車場付きロードサイド型の店舗」、その全てが功を奏し、おかげさまで私たちは急成長を遂げていきました。

1995年にはMIXMAXの1号店をオープン。1997年以降には外交営業を縮小し、その分、店舗へ力を注いでいくことになります。

そういった試行錯誤の中から、私たちは、工場付き店舗の周囲に5店舗を配置して1単位のエリアとする「パッケージプラント」というオリジナルの運営ノウハウを編み出すことができました。

スタッフの成長こそが、企業の力になる

2002年にはサポートクラブ事業としてフランチャイズ化を開始。私たちの経営理念を徹底するため、加盟店は敢えて少数精鋭に抑えています。考えとしては、将来的に成長したスタッフが独立し、のれん分けのような形によるフランチャイズ化を、ビジョンとして描いているのです。

私たちが理念づくりに力を注いだのは、一人ひとりのスタッフを育てるため。積極的に新卒社員を採用し、一から懇切丁寧に育成するのです。そこには私たちの「スタッフの成長によって、企業のブランド価値を高め、それがお客様のためになる」との確固たる信念があります。

プロフィール

沼崎 周平
1971年3月22日生まれ。
1993年4月に株式会社ユーゴーに入社、1997年専務取締役、2005年代表取締役社長に就任。
座右の銘は「創意工夫無きは、堕落であり、マンネリは、絶望である」。趣味はゴルフ。 特技は似顔絵描き。好きな食べ物は美味しい物。

私たちの想い
  • 日本一楽しいクリーニング店を目指す クリーニング専科
  • 最短90分仕上げの工場付き店舗MIXMAX ニーズに合わせて3つのブランドで展開中
  • 2017新卒採用インフォメーション
  • クリーニング店のできること エピソードムービー
  • 店舗物件募集 出店用の物件を探しています。TEL.0299-58-4741
お客様相談室
スマートフォン用ページを表示する場合には
こちらをタップしてください。